ホール・イン・ワンの直後に記憶喪失した男

ホール・イン・ワンなんて、宝くじにあたるようなもの。
覚えてないなんて、もったいない。
でも、一時的なもので良かった。

(以下、引用:Tokyo Fuku-blogより)

 台湾は新竹市のコースで知人とゴルフを楽しんでいたワンさん(50)。彼が打ったボールはグリーンへ一直線、そのままホール・イン・ワン! 
 ワンさんは狂喜乱舞した。しかし知人がボールを拾って戻り、彼にお祝いの言葉をかけようとしたところどうも彼の様子がおかしい。何かぶつぶつつぶやいており、彼らにこう聞いた。「なんで俺はここにいるんだ?」
 彼はすぐ病院に送られ、一時的な記憶喪失と診断された。2、3時間休息をとったところ記憶は次第に戻ってきた。しかしホール・イン・ワンのことだけは思い出せなかったという。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。