渡とキムタクは不仲・?

“プチ・サプライズ”というべきか。缶コーヒー「ジョージア」のCMの制作秘話が聞こえてきた。

 昨年6月に放送が始まったこのCMは、渡哲也(65)木村拓哉(34)の“夢の共演”で今も話題だ。シリーズ化されていて、これまでにすでに12本がオンエアされた。上司と部下のひとコマが描かれていて、多くのサラリーマンの共感を呼んでいるのだ。

「キムタクが渡の渋い声色をマネたり、落雷におびえる渡の背中を押す場面はコミカルで笑えます。2人のファンならずとも楽しめる作品だといえます。オリコンのCM好感度ランキングでは何度も上位にランクされました」(広告代理店関係者)

 ところが、意外な秘話が……。2人が絶妙に絡む場面は別々に収録しているのだという。CMのPR担当者は「リリースに記載されていない話はできない」と言うが、前出の広告代理店関係者はこう言うのだ。

「CMがスタートした頃、キムタクと渡は多忙を縫って半日がかりの収録をこなしていました。でも、売れっ子の2人だけにスケジュール調整が難しく、別々に収録することもあるそうです」

 渡とキムタクは何度か不仲説が報じられたことがある。別々に収録しているのもそのため? なんてことは百パーセントなさそうだ。
(引用:livedoor ニュースより)

最近、渡哲也が変わってきた。
高橋秀樹みたいにバラエティ狙いかな?

でも、CMの渡哲也は好感が持てますね!
| 芸能
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。