キムタク効果で注文殺到 「華麗なる一族」サントラ盤

SMAP木村拓哉(34)が主演するTBS系ドラマ「華麗なる一族」のサウンドトラック盤(タイトル、曲数未定)が、通常の約8倍にあたる初回出荷1万6000枚で発売(2月21日)されることが26日、分かった。

 ドラマは1月スタートの全作品中、2週連続で視聴率トップ。その相乗効果がサントラにも表れ、発売元のビクターには小売店から注文が殺到。初回出荷2000枚が普通の分野で、異例のロケットスタートとなった。

 作曲家の服部隆之氏(41)が書き下ろした劇中歌を収録予定。視聴者から特に反響が大きいのは、服部氏がロンドンの名門オーケストラ・フィルハーモニア管弦楽団を指揮したメーンテーマ。木村が出演した「ロングバケーション」(96年)は100万枚を売り上げており、それに続くセールスが期待できそうだ。
(引用:livedoor ニュースより)

さすがに、キムタクですね。
そう言えば、TVで、雑誌の「好きな男No.1 連続13年」、では13年前のNo.1は誰?

えェ〜!

答えは、「真田広之」だって。
全然、思いつかなかった。
| 芸能
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。